姫路の自家焙煎珈琲 琲豆や珈楽(こうらく)

自家焙煎珈琲
豆や珈楽(こうらく)

確かな「焙煎技術」。
コーヒーのうまみへの飽くなき挑戦。

本日の日替りコーヒーは

インドネシア ガヨ マウンテン です

豆や珈楽からのお知らせ

いよいよ登場! 8月1日 (水)の日替りコーヒーはパナマ ゲイシャです。 お持ち帰り用の豆も20%増量です。 お楽しみに!

確かな「焙煎技術」
自家焙煎珈琲とは

豆や珈楽はコーヒーの専門店です

「焙煎は焙煎機があれば誰にでもできる」「焙煎は作業」かもしれません。焙煎とは、豆の「特徴」を引き出す作業であり、豆との真剣勝負になります。私の思う技術とは、焙煎後の出来上がりをイメージだと思っております。しかし、焙煎の技術だけでは、美味しいコーヒー豆にはなりません。良い豆、そして焼き上がり後のいくつかをイメージ出来、それを具現化出来る焙煎技術が大切です。

良い豆を仕入れるため

現地から仕入れる厳選されたコーヒー豆

いつも豆のことが気になっていて夜も眠れないこともしばしば。ここに居ても豆の気持ちはわからない。となると現地へ直接足を運び、“リアルタイム”な豆の情報を仕入れるしかありません。生産国に行き、実際にこの目で見て感じてみないことには、コーヒー豆の出来や状態は分かりません。私はこれからも現地の視察を繰り返し、お客さんに安全で美味しいコーヒーを提供できるよう努力していきたいと思っています。

気軽にお越しください

コーヒーの専門店だから、
気軽には来店できないのでは?

いえいえ、朝はモーニングメニューもそろえており、「喫茶店」としての営業をしております。コーヒー以外の店内メニューも充実しておりますので、お気軽にお越しください。また店内はバリアフリーですので車椅子のお客様も安心です。

マスターの紹介

淹れるのはコーヒーマイスター

コーヒー創り(焙煎)とは、日々の修練の積み重ねにより本当に奥深い味覚の世界を探し出す作業だと思っています。そんな珈琲の味には、焙煎した人の心・人格までもが凝縮されているような、とてもすばらしく魅力的な作業だと思っています。

抽出とは、その豆の味を最大限に引き出すとても大切な作業です。湯の温度・量・速度・その時の豆の状態により微妙な変化をつけ、何より平常心を保ち常に美味しい珈琲をという気持ちを込めて抽出しております。

豆や珈楽へのアクセス

PageTop